2018年11月7日水曜日

20181107 用いる道具立てによっても作成される文章は変化するものなのだろうか?

少し前から気が付いていたことですが、さすがに3年以上、そして1000記事以上のブログ記事の作成を行っていますと、直近の新たに作成した記事であっても、以前に作成した記事の何れかと多かれ少なかれ似るようです。

そこから、自身の創造性あるいは文章作成能力の、その時点での限界を思い知るわけですが、しかし、それだからといって、ひたすらに新たな記事を作成すれば良いというわけでもなく、時折は記事作成を休息し、新たに作成する記事の質を高めることに留意することも、思いのほかに重要ではないかとも思われるのです・・。

とはいえ、ほぼ毎日記事作成を継続していますと、自身の場合、休息の機会を自律的に設定することが困難となり、半ば自然発生的に、出張などの際、記事作成を休息するといった感じとなります。しかし、記事作成を休息するからといって、文章作成をしないで済むかと云えば、必ずしもそうではなくメールの返信や、ハガキなどで手紙を認めることが少なからずあります・・。

このうちのハガキに関しては、どうしたわけか、比較的スムーズに文章が作成されるようであり、あるいは筆記具を用いて紙に文章を書く行為には、不可知ではあるものの、原初以来、我々の精神の奥にある創作意欲を励起させる何かがあるのではないかとも思われるのです・・。

また、そのように考えてみますと、当ブログもその当初の頃は、紙に下書きを書き、それをキーボードにて入力していたことが思い起こされます。また、この時期は何らかの理由により、文章を作成することが困難な状態であり、さきに述べた手法も、その中で、苦し紛れに騙し騙し行ってきたものであったのですが、その状態より始まり、どうにか現在まで記事作成を継続することが出来たことは、快挙ではないにしても、自身としては『まあ、やったな・・』程度の感興は持ち得るのではないかと思われます・・(笑)。

さて、さきに『原初以来、我々の精神の奥にある創作意欲を励起させる何か』と書きましたが、これはたしかに筆記具を用いて紙に文章を書き記す行為の中にあるように思われます・・。また、そこには手を用いて食事をする行為にも通底・共通する、さらに原初的な創造への衝動を生じさせる何かがあるのではないかとも思われるのです・・。

そして、こうしたことを書いていますと不図『これまでに読んだ物語・小説の中で我々の原初的な欲求である料理、食事の描写・記述を抜粋引用したら、ある程度の期間、記事作成の題材には事欠かず、また、ある程度多くの方々に閲覧して頂けるのではないだろうか?』といった考えが浮かんできましたが、そこからあらためて本棚に目をやりますと『新たな文学作品を読んでみたい』と記事に書いているにしては、本棚には文学作品の数は乏しいことが分かりました(苦笑)。

ともあれ、今後気が向きましたら、上記の試みを断続的に行ってみようと考えておりますので、その際はご一読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

今回もここまで読んで頂き、どうもありがとうございます!

~書籍のご案内~
増刷決定!
ISBN978-4-263-46420-5

医歯薬出版株式会社
~勉強会の御案内~
前掲著作の筆頭執筆者である師匠による歯科材料全般、あるいはよりトピックを絞り込んだ歯科材料に関しての勉強会・講演会の開催を検討されておりましたら、よろこんでご相談承ります。師匠はこれまで長年にわたり大学歯学部・歯科衛生・歯科技工専門学校にて教鞭を執られた経験から、さまざまなご要望に対応させて頂くことが可能です。

*他分野の院内・法人内等 勉強会・特別講義の講師につきましても、よろこんでご相談承ります。


勉強会・特別講義 問合せ 連絡先メールアドレス
conrad19762013@gmail.com 
どうぞよろしくお願いいたします!

数年前より現在までに日本列島各地・特に西日本において発生した、さまざまな大規模自然災害により被害を蒙った地域の速やかな復旧そして、その後の復興を祈念しています。

↑こちらもどうぞよろしくお願いいたします!