2015年11月8日日曜日

中井久夫著「アリアドネからの糸」みすず書房刊pp.91-96より抜粋

一九九五年といえば、もう一つはやはりオウム事件である。天皇を弑逆し日本国に代えて別の国家を建設しようとしたのは平将門以来ではないか、私の反応は大時代かもしれぬが、暗黙の了解の大胆な侵犯という意味である。
前の政権を転覆するとか社会体制を変えようというのとはそもそも次元が違う。
オウムのこの試みは将門のように不成功に終わったと見たいが、宗教というものは何をするかわからないという一般的恐怖を後遺症としてゆめゆめ残さないようにしなければならない。
実際の宗教の圧倒的大部分は政治的・支配的野心とは無縁であろう。
しかし、この恐怖を利用しようとする勢力が出て、もし半世紀前の陸軍に対するような一般的恐怖が国を覆うならば、一九九五年は「大正デモクラシー」に比すべき「昭和後期デモクラシー」の終りの始まりということにならないか。
これに結びつき利用しようとする暗い勢力が出てくる可能性もある。
大戦下のように片言節句を聞きつけられると憲兵隊が呼び出しにくる遥か以前に、大正末期から昭和初期にすでに軍のことは触れないようにしなければならないという事なかれ主義があった。すでにマスコミを含めてこの風潮があるのではないか。われわれは恐怖を先取りして貝になりがちである。
ある時期以後は抵抗は孤立化し予め無力化されている。
二・二六事件に抵抗した昭和天皇はその結果すべて重臣のすべてを失って孤立化し、抵抗の余力を持たなかった。開戦直後の近衛もまた。何びとにもそういう状況の下では有効な抵抗を期待できないと思う。そう言い立てる論者は微妙な責任転嫁を行っているのではないだろうか。
もう一つ前、その時から「今」と思う時点は一九八九年である。冷戦の終了と昭和天皇の逝去とである。
私が生きている間に冷戦が終わるとは思っていなかった。
ましてどういう形で終わるかは想像がつかなかった。
私は一種の猶予期間を生きていた。それは私の中学一年生から五十五歳まで、すなわち実質的な一生涯に当たる期間であった。
ある意味では冷戦の期間の思考は今に比べて単純であった。
強力な磁場の中に置かれた鉄粉のように、すべてとはいわないまでも多くの思考が両極化した。それは人々をも両極化したが、一人の思考をも両極化した、この両極化に逆らって自由見検討の立場を辛うじて維持するためにはそうとうのエネルギーを要した。
社会主義を全面否定する力はなかったが、その社会の中では私の座はないだろうと私は思った。多くの人間が双方の融和を考えたと思う。
いわゆる「人間の顔をした社会主義」であり、資本主義側にもそれに対応する思想があった。しかし、非同盟国を先駆としてゴルバチョフや東欧の新リーダーが唱えた、両者の長所を採るという中間の道、第三の道はおそろしく不安定で、永続性に耐えないことがすぐに明らかになった。一九一七年のケレンスキー政権はどのみち短命を約束されていたのだ。今から振り返ると、両体制が共存した七〇年間は、単なる両極化だけではなかった。
資本主義諸国は社会主義に対して人民をひきつけておくために福祉国家や社会保障の概念を創出した。ケインズ主義がすでにソ連に対抗して生まれたものであった。
ケインズの「ソ連紀行」は今にみておれ、資本主義だって、という意味の一節で終わる。
社会主義という失敗した壮大な実験は資本主義が生きのびるためにみずからのトゲを抜こうとする努力を助けた。今、むき出しの市場原理に対するこの「抑止力」はない(しかしまた強制収容所労働抜きで社会主義経済は成り立ち得るかという疑問に答えはない。)
冷戦はソ連が米国式の軍備を整えたことから終末に向う。
このような「対抗軍備」では財力と技術力とにまさっているほうがイニシアティヴをとり、劣っている側はあらゆる不利を忍んでこれに追随しなければならない。わが国が買った米国国債の力もあって、八〇年代の米国の軍事力はソ連の追随できなおものになった。
戦略防衛構想(SDI)がほんとうに有効かどうかわからなくても、万一有効だったらおおごとであるから、ソ連軍はそれに備えなければならなかった。
一九八七年だったと思うが、アフガニスタン戦争において、首都カブールから飛びたつソ連の定期旅客機が熱線誘導ミサイルを逸らすために火炎弾を投下しつつ急上昇する報道写真を見た時、私はソ連の敗北を実感した。冷戦が終わって、冷戦ゆえの地域抗争、代理戦争は終わったけれども、ただちに古い対立が蘇った。地球上の紛争は、一つが終わると次が始まるというように、まるで一定量を必要としているようであるが、これがどういう隠れた法則に従っているのか、偶然なのか。私にはわからない。もう一つ前、ここからは「今」だという時点を捜せば、それは一九〇四年から五年の日露戦争である。おまえは一九三四年生まれであって、日露戦争を知らないじゃないかといわれるかもしれない。
しかし、人は何らかの社会に生まれつく。私は日露戦争後の社会に生まれ落ちたのである。私にも日露戦争は遠い。実感がなく、錦絵のように遠景に溶け込んでいる。参戦者もおらず、実戦談も聞かなかった。江戸時代のほうが実感があるくらいだ。私の父方母方両祖父の実家の建物はいずれも私の生まれた時二五〇年を経ており、一方は取り壊されたが、他方は今なお鬼門弁天様と裏鬼門のお稲荷様とともに存在している。しかし私が小さかった頃、日露戦争は昨日のごとくであった。そのように周囲の大人たちは語り合っていた。日露戦争が敗北に終わった場合を私は想像することができない。たぶん、私の世界の中で江戸に属する部分は残るだろう。その部分はそういう硬さを持っている。今の私の中にもどこか命脈を保っているぐらいだから。しかしその他は?
漱石鷗外も日露戦争の戦後文学である。と同時に、太平洋戦争に至る過程の引き返し不能点がどこにあるかを考えた時、私は日露戦争の戦後処理に考えが行き着くのである。
ロシアに得られなかったところを中国に求めて大陸進出を考え、フィリピン領有と交換に朝鮮領有を米国に承認させる。そして一九一〇年、日本憲兵は、中国国籍をとり中国陸軍の近代化に努めていた川喜多大治郎を北京に暗殺する。この一連の過程がサイレント・マジョリティの支持を得た時、日本帝国の運命は決まったと私は思う。むろん抵抗はあったが、しかし、対中国親善外交を進めた佐分利公使が箱根に暗殺された時、外務省は彼の屍を越えて中国との関係修復を行わなかった。一人がテロリズムに倒れた時、政治方針が変るならば、テロリズムは成功といわなければならない。しかし、一人を倒しても何の変化も起さなかったテロリズムもたくさんある。テロリズムが支配層を脅かすのは支配層がすでに孤立化し、予め無力化されていた場合ではないかと私は思う。昭和天皇、近衛文麿の例ばかりでなく、昭和史はその例に満ちている。戦前の排英運動や日中戦争第一年末の南京陥落祝賀の群衆を思う時、あの勢いに誰が逆らえたかと思う。日中戦争も太平洋戦争も日露戦争ほどには私の時間を「今」と「昔」に分けるものではない。日中戦争は日露戦争の一つの帰結であって、挫折したシベリア出兵の延長である。そして太平洋戦争は日中戦争における「聖域」を叩こうとする、ベトナム戦争の「北爆」に当たるものであった。
そして私が戦後に入って行ったところは本質的には「辛うじて生き延びていた大正時代」であった。つまり日露戦争の戦後である。

「アリアドネからの糸」
ISBN-10: 4622046199
ISBN-13: 978-4622046196
中井久夫


20151108 英語学習遍歴について

A「どうも、最近は何か面白い本や映画を見つけましたか?」

B「いえ、最近は求職活動も少し複雑になってきまして、本もあまり集中して読んでいませんし、映画はここ最近めっきり観ていません。
実際これではマズイと思って、本を読んだり、映画を観ようとすると逆効果であるかもしれないので、まあ現在はこれでいいのかもしれません・・。
しかし同時に時折胃が痛むようになったのは多分この不安定な状況からくるストレスではないかと思います。
それでまあ、最近は牛乳を飲むようにしました(笑)。」

A「求職活動期間のストレスは確かにありますね・・。
人によっては髪の毛が抜けたり、白髪が急に多くなったりす
るのを見たことがあり、あとは食べ過ぎたりする人もいますね・・。」

B「私もタバコを止めてから太るかと思いきや、現在のところそうでもありませんね・・。
ただ、以前に比べ食べ物が美味しく感じるようになりましたので、もしかしたら今後太るかもしれませんので、気をつけます()。」

A「ええ、タバコを止めると太るというのはよく聞きますので、もう少し継続して気をつけた方がいいかもしれませんね。
あ・・あと英論文や洋書なども継続して読まれていますか?」

B「ええ、一応読んでいます。
こういったのは続けていないと私の場合すぐに錆びてきてしまいますので・・。
しかし現在読んでいるものは文系分野の著作です。
しかし、これは著述の仕方が文系っぽくなく、理系に近いと思いますので結構飽きずに面白く読めています()。」

A「もともと文系のBさんが英語は理系の文章の方が読み易いというのは何だか面白いですね()。」

B「ええ、これは多分刷り込みみたいなものだと思いますが一番読み易いのは理系の文体で書かれた歴史に関する著作ではないかと思いますね・・(笑)。
これでしたら書いてある内容が日本語にて知っているものが多いので、英語を読みながら「これはこのことを書いてあるのだろうな。」などと推測しながら読むことが出来、そして「英語ではこういった表現でこのことを説明するのか。」などと感心しながら読み進めることが出来ます。」

A「ええ、それはよくわかりますね(笑)。
ある程度自分が知っている分野の洋書、英文などを読みますと、大体の意味は分かり、そしてそれを何冊か続けると、以前に比べ少し成長した様な感じを得ることが出来ますよね。
そして、そういうのを積み重ねますと、まあ、どうにかモノになるのではないかと思えるようになります(笑)。
ですから、私個人の意見としては、英語云々よりも先ずはじめに自分の専門分野におけるある程度の知識を持てば、自然とその延長として英語は習熟していくのではないかと思うのですが・・どうでしょうか?」

B「ええ、それは私も仰る通りであると思います。
もちろんグラマーも単語も会話も大事であるとは思いますが、それ以前に自分の専門あるいは得意分野を持てば、自然とその分野の英語でのコミュニケーションはある程度出来るようになるのではないかと思います。」

A「その点、近代日本における自然科学分野、理系全般とは、その始原が概ね欧米にありますので、習熟に伴い自然と現在の公用語としての英語に接する機会が増えていくと思います。
その意味で、専門分野を介して公用語である英語に接する我が国の自然科学分野の学問とは、文系に比べ、やはりノーベル賞などの世界規模での評価において多少有利な場所にいるのではないかとも思えます・・。」

B「確かにノーベル文学賞で候補にのぼる日本人の作家とは、海外での翻訳が多く為されている方ですよね・・。
そういえば先日読んだ夏目漱石の「三四郎」の英訳版の巻頭言をその作家が書かれていましたが、大変読み易い英語でした。
しかし、そういえば私は英語に関しては色々とありましたね・・。
二歳から五歳までスイスで過ごしたのですが、この時通っていた幼稚園がインターナショナルスクールでしたので、当時は英語を話していたようですが、帰国後、日本語に習熟するにしたがい英語は忘れてしまったようです(笑)。
その後、中学高校大学にて英語は多少得意な時期もありましたが、大体の期間は平凡な成績でした。
そして就職後、ホテルフロント勤務にてインバウンド(海外からの宿泊客)の担当をさせられることが多く、必要に迫られ辞書、電子辞書を引張出し、独習らしいことをしていたのが南紀在住時でした・・()
その後入学した文系院では学生人数が決して多いわけではないのですが、英語の講義は複数ありましたので、毎週予習をしておかないとみっともないことから、必要に迫られ勉強しました。
その後の歯科技工学校においては講義で歯科に用いる基本的英語を習いましたが、それに飽き足りず、家にあった本を読んだりして多少能動的な努力もしました。
そして歯系院では担当教授が所属院生、修了生を集め英論文の輪読会を毎週水曜日の朝八時から開催されていましたので、これも予習をしておかないとみっともないので必要に迫られ勉強しました。
そして、この時以来、多少能動的になり、本屋の洋書コーナーやアマゾンなどで洋書、古書を少しずつ購入する様になりました。
また、講座の准教授の先生と歯科理工学に特化した洋書の輪読会も行いましたが、これも大変勉強になりました・・。
その様な状態を経て、帰郷後に出席を許された都内大学大学院の外国人留学生向けの英語による国際関係論の講義は大変面白く感じることができました・・。
そしてその後職を得た九州においては留学生、外国人教員、PDが多く、今考えてみますと大変良い環境であったのではないかと思います・・。
ともあれ、現在また求職活動を継続しておりますが、どの様な場所においても、自身の用いる言語、文体、思想を客観視するための道具としての英語とは、なかなか重要ではないかと思います。
しかしながら、現在小学校低学年あるいは小学校就学以前から英語を勉強させようとする風潮は「少し違うのではないか?」と思いますが、どうなのでしょうかね?」

A「どうもありがとうございます・・(笑)。
Bさんの英語遍歴については以前伺ったものと同様でした。さて、私もたしかに英語を勉強する前段階において、とりあえず母国語である日本語に習熟する必要があるのではないかと思います・・。
正直、以前は漢文や古文などはカビの生えたような役立たずの代物と思っていましたが、何だか現在の様な御時勢になるのであったら、もう少し敬意と熱意を持って勉強しておけば良かったと思いますね・・(苦笑)
しかし、こういった風潮で思い出すのは決して誹謗、中傷のつもりではないのですが、ハングル文字により漢字の記憶を大幅に失ってしまった韓国です。
それはそれで歴史の流れであり仕方ないのかもしれませんが、そうなるとPCなどの普及は確実且つ急速に我々の漢字の記憶を風化させていますね・・(苦笑)。」

B「たしかにそうですね・・そして、それは仕方ないことなのでしょうか?」


英語教育が日本を愚民化破壊する?子供、赤ちゃんに悪影響の大問題で格差拡大と民族分断の危機を反グローバル化、大学教授が警笛を鳴らす!