2019年12月31日火曜日

20191230 最近の読書から思ったこと「共通化」出来るものについて

直近の記事投稿から、しばらく日数が経ち、新たな記事を作成しようと、ここ数日間考えていましたが、年末の帰省などの慌ただしさから、記事の更新を行うことが出来ていませんでした・・(苦笑)。

今回の帰省は夜行バスを利用させて頂き、その車中においては、以前に購入した岩波書店刊 加藤 周一著「羊の歌」を主に読んでいました。この著作は以前、鹿児島在住時に既に読んでいましたが、今回の読書においてはまた、新たに考えさせられる記述にいくつか出会いました。

くわえて、先日来から読み進めている岩波書店刊 岡 義武著「明治政治史」下巻は、余すところ百頁以下となり、年内での読了は叶わないかもしれませんが、今回の帰省荷物の比較的取り出し易いところに収納・持参し、当記事の作成・投稿後、さらに読み進めていきたいと考えています。

また、こうした経緯から想像されるように、今回の帰省においても、移動途中にある大型書店に足を運び、しばし書棚を徘徊し、立ち読みをしていましたが、面白いことに、そうした中で度々、面白い著作を見つけたり、あるいは、新たな考え・発想といったものが惹起されるといったことがありました。

それらの中で、ブログ記事としていくらか面白そうであると思われたことは、①:これまでにも当ブログにて扱ったジョゼフ・コンラッド著「闇の奥」の一つテーマであると云える「居住する地域・場所の変化から生じる同一個人が持つ考え・思想の(無自覚的なそして否応のない)変化」と、②:これまた当ブログにて扱った、五世紀後半のヤマト朝廷の朝鮮半島における軍事行動に従事し、さらに一時は朝廷の派遣軍指揮官の任から逸脱し、自ら三韓の王となることをも欲したとされる紀伊国豪族である紀 大磐と、③:そして幕末・明治期に、さまざまな立場にて軍事行動・謀略等の実施にあたり、辛亥革命時には清国に渡り、当地にて客死を遂げた紀州藩を出自とする岡本 柳之助が持つ、微妙とも云える類似性です・・。

これら①~③の間に通底する「何か」があるのか、科学的に実証することは困難であるとは思われます。しかしながら、②および③については、あくまでも私見による歴史的見地となりますが、千年以上の時間的隔たりがありながらも、そこには、地域の方々が共通して持つ、何らかの「思想の基ともなる内面における(精神的)構え(ハビトゥス)」といったものがあるように思われるのです・・。

あるいはそれは、同地域に出自を持つ幕末期の志士・明治期の閣僚であった陸奥 宗光にも共通するものであるとも思われます。

とはいえ、この「何か」に対して言語化を試みることは、それだけで何と云いますか、誤解とも評し得る「安易な理解」といったものが生じる可能性もあると思われることから、あるいは差し控えた方が良いのかもしれませんが、他方で、何かしらの仮設を組立てる際の基礎となるような概念を言語化することも同時に重要であると思われることから、ここにその「何か」の言語にて表しますと、それは「越境・逸脱・反抗」といった要素に、ある程度集約出来るのではないかと思われます・・。

こうした、いくつかの要素に共通するものを集約化・抽象化することは、あまり意識して行うことはありませんが、書籍をいくらか読み、そしてしばらく期間を置きますと、それらが精神にて血肉化(インカーネーション)され、そこから、こうした発想が生ずるのではないかと思われます・・。

そして、こうした行為(血肉化(インカーネーション))こそが、実のところ極めて重要であり、さらに、そこを基点として、さらなる「越境・逸脱・反抗」を自然に、能動的に行う過程にこそ、おそらく、(現在の)人工知能では為し得ない、進化・発展の予知出来ない仕組みといったものがあるようにも思われるのですが、さて、如何でしょうか?

今回もまた、ここまで読んで頂きどうもありがとうございます。


日本赤十字看護大学 さいたま看護学部 2020年4月開設


日本福祉大学
オープンキャンパス

~書籍のご案内~
新版発行決定!
ISBN978-4-263-46420-5

~勉強会の御案内~
歯科材料全般あるいは、いくつかの歯科材料に関する勉強会・講演会の開催を検討されていましたら、ご相談承ります。また、上記以外、他諸分野での研究室・法人・院内等の勉強会・特別講義のご相談も承ります。

~勉強会・特別講義 問合せ 連絡先メールアドレス~
conrad19762013@gmail.com
どうぞよろしくお願いいたします!























2019年12月22日日曜日

岩波書店刊 丸山眞男著 古矢旬編「 超国家主義の論理と心理 他八篇」 pp.121‐124より

岩波書店刊
超国家主義の論理と心理 他八篇
「日本ファシズムの思想と運動」pp.121‐124より抜粋引用「日本の右翼には最も進んだナチス型から、ほとんど純封建的な。遠く玄洋社につらなる浪人型まで実に系譜が雑駁です。そこには「近代」の洗礼を受けたものが殆ど見当たらない。ファッショ的というよりも幕末浪人類型が支配的であります。

フリーダ・アトリーの「日本の粘土の足」(Japan's feet of clay)という本の中に、右翼指導者を「封建時代の浪人とシカゴのギャングのCrossである」といっているのは至言です。例えば右翼運動の大御所が頭山満というような人物であったこと、そこにも右翼運動の特質が象徴されています。ヒットラーやムッソリーニの生活様式と頭山満の生活様式を比べると、前者に見られるような生活の計画性は、頭山満には恐らくないだろうと思います。

例えばここに「頭山満翁の真面目」という本があります。その中にいろいろ頭山さんの談話が書いてありますが、一つ例を挙げて見ると、若い頃のことでこう書いてある。
「あれは血気盛りの二十六七の頃ぢゃ。東京へ出て来て五六人の仲間と一戸を借りて居った。傘も下駄も揃って居るのは初めての中で、やがて何もなくなる。蒲団もなくなる。併し裸生活は俺れ位のもので他の連中は裸では通せんであった。弁当を取って食ふ。金は払はん。そこで弁当屋の女が催促に来る。俺れは素裸で押入れの中から出るものぢやから、女中、あっと魂消て退却ぢゃ。俺れは食はんでも何ともなかったのぢゃ」。
 借りた金を返さないし、こういう手段で撃退することになにか誇りを感じている。この手でやはり高利貸も撃退した話もしております。どう見たって「近代的人間類型」には属さない。ここには近代的合理性は一片もない。

右翼的人間は頭山だけではなく、こういった共通性が見られるのであります。又右翼団体の内部構成を見ても多分に親分子分的組織をもっている。前に申しましたようにあれほど右翼に有利な情勢に恵まれながら右翼運動の統一戦線は一度もなかった。何度も統一が唱えられるのだけれども、一旦は結びついてもすぐに分裂して、互に口ぎたなく罵り合う。親分中心の結合であるからどうしても規模が小さいし、めいめい自分の神様を押し立てて拮抗する。

同じことは終戦後に無数というほど政党が乱立した事情にも現れております。スモール・マスターを中心にして沢山のグループが出来てくる。なかにはていのよい暴力団もある。ナチスでも突撃隊などは多分に暴力的色彩がみられますが、それにはやはり組織と訓練があり、日本のように離合集散はないのでああります。こういう前近代性は右翼団体だけでなく、これと結んで重要な役割を演じた革新将校についてもいえます。

彼等の策謀の根拠地は殆どつねに待合や料理屋でした。彼らがそこで酒杯をかたむけつつ悲憤慷慨するとき、彼らの胸奥には「「酔うては伏す美人の膝、さめては握る天下の権」とうたった幕末志士の映像がひそかに懐かれていたにちがいありません。要するに日本におけるブルジョア民主主義革命の欠如が、ファシズム運動におけるこういった性格を規定しているといえるでしょう。そうして以上のことを別の面からいうならば、日本の「政党政治」時代とファシズム時代との著しい連続性として表現されます。上に云ったような右翼の指導者や組織に見られる前近代性は、程度の差こそあれ日本の既成政党にひとしく見られる特質とも云えます。

日本の政党が民主主義のチャンピオンではなくて、早くから絶対主義体制と妥協し吻合し、「外見的立憲制」に甘んずる存在であったればこそ、日本では下からのファシズム革命を要せずして、明治以来の絶対主義的=寡頭的体制がそのままファシズム体制へと移行しえたのであります。ナチスは天下をとると社会主義政党はもとより、中央党その他一切の既成議会勢力を一掃した。ところが日本では、これまでヘゲモニーをとっていた勢力が一掃されて新しい勢力が登場したのではなくて、旧来の勢力は大体ずるずるべったりに、ファシズム体制の中に吸収されていった。前に述べたように既成政党は殆ど大部分翼賛政治会の中に吸収された。これが戦争終了後大量的な追放者を既成政党や官僚などの古い政治力のなかから出すことになった原因であります。どこからファッショ時代になったかはっきりいえない。一歩一歩漸進的にファシズム体制が明治憲法の定めた国家体制の枠の内で完成して行った。日本の既成政党はファッショ化の動向と徹底的に戦う気力も意志もなく。むしろある場合には有力に、ファシズムを推進する役割を果たしていたのであります。」
ISBN-10: 4003810430
ISBN-13: 978-4003810439

2019年12月15日日曜日

20191215 時代の流れ・時代精神の認識の価値について・・

本日の徳島は、日中は日差しもあり、比較的過ごし易かったものの、日が暮れますと、途端にグッと寒くなったように感じられました。

さて、書籍の方は現在も何冊か読み進めていますが、先日、ブログ記事にて取り上げた岡義武著「明治政治史」下巻は、面白いくだりに入り、また同時に、それは以前読了した石光真人編 石光真清著「石光真清の手記」の第二巻とも時代が被り、そこから、当著作(「明治政治史」下巻)にて述べられている、さまざまな状況とも「繋がる」ことがしばしばあります。

こうしたことはおそらく、他の分野においても、同様、あるいは類似した構造があると思われますが、歴史の理解においては、専門的な史書のみによるものでは片手落ちであり、同時に、必ずしも専門書とは分類されない、同時代を扱った、さまざまな著作あるいは映画作品などに対しての理解を得ることにより、ある程度、その時代に対しての理解が深まるのではないかと考えます・・。

また、そこからさらに、インプット後のアウトプットの様に、それらから得た知見を組み合わせて再構成し、自分なりの「理解の構造」を述べることが重要であると考えますが、この段階では、既にある程度の資料をあたってこられた方々との対話・議論などを行いますと更に興味深く、面白いものとなると考えます。

こうしたことは文語・口語何れでも同様ではあるのですが、ブログのような文章・文語にて表出するものであると、どうしても一方通行気味になってしまう傾向があるように思われます・・(苦笑)。

つまり、口語による対話・議論と比較して「あまり反応が感じられない」ということですが、それについては、ここ数日間、どうしたわけか、ブロガー・アメーバブログ共に閲覧者数がいつになく伸びました・・。ある程度ブログ記事の作成を継続していますと、しばしば、こうした不思議とも思われる出来事が生じることがありますが、こうしたことは、深く詮索してみても、あまり有効と思しき仮説や答えを得ることは困難であると云え、それよりも、新たに作成しているブログ記事のネタにする方が多少は建設的であるように思われます・・(笑)。

また、それと関連することであるか不明ではありますが、ここ最近ブロガーにて作成・投稿した記事は、アメーバブログにコピペし、更にフェイスブックにて共有していますが、この一連の所謂、周知知活動のどこかの段階において、多少は情報が拡散しているのか、時折、自身からは縁遠い、雲上人の方々からの投稿にも何かしら影響を及ぼしているのではないかと考えさせられることがあります・・。

とはいえ、それは、おそらく多くの場合、自身からの影響というよりも、むしろ自身の自意識過剰に多く拠っているのではないかと思われますが、しかし何れにせよ、そうした関連性を感知出来るということ自体、自身がブログ記事にて述べたことが世の中の流れ、あるいは時代精神から、そこまで遠くないことを示すものであるとも考えられるため、あまり主張する必要はなく、また、その先に何があるか考える必要もないとは思いますが、同時にもう少し読み続け、そして書き続けてみようとは思うに至ります・・(笑)。

そしてまた、上手く表現することは出来ませんが、そうしたところに芸術なども含めた人文社会科学系全般の醍醐味あるいは意味合いといったものがあるように思われます。

無論それは、経済的な功利性からは縁遠いものとされるのでしょうが、しかし同時に、そうした位相から、経済的な功利性のもとになる「価値」の原理といったものが生み出されるのではないかと思われます・・。

そうしますと、それはそれで、人文社会科学系にも自然科学系と同程度の価値があるようにも思われるところではあるのですが、さて如何でしょうか・・。

今回もまた、ここまで読んで頂きどうもありがとうございます。

日本赤十字看護大学 さいたま看護学部 2020年4月開設
日本福祉大学
オープンキャンパス

~書籍のご案内~
新版発行決定!
ISBN978-4-263-46420-5

~勉強会の御案内~
歯科材料全般あるいは、いくつかの歯科材料に関する勉強会・講演会の開催を検討されていましたら、ご相談承ります。また、上記以外、他諸分野での研究室・法人・院内等の勉強会・特別講義のご相談も承ります。

~勉強会・特別講義 問合せ 連絡先メールアドレス~
conrad19762013@gmail.com
どうぞよろしくお願いいたします!












2019年12月8日日曜日

草思社刊 セバスチャン・ハフナー著 瀬野 文教訳 「ヒトラーとは何か」pp.159-161より抜粋引用

マルクス主義とヒトラー主義には、すくなくともひとつ共通点がある。それは世界史全体を、ひとつの視点で説明しようとすることである。「これまでのすべての社会の歴史は、階級闘争の歴史である」と「共産主義宣言」はいう。そしてこれに答えるかのようにヒトラーはいう。「すべての世界史的現象は、人種の自己保存本能の発揚にほかならない」
 マルクスにせよヒトラーにせよ、このようなフレーズには強烈な暗示力がある。呼んだ者はとつぜん光がさしたように目が覚める。迷いがふっきれ、重荷がかるくなる。悟りがひらけて物事がわかったような、心地よい気分に包まれる。そしてかくも素晴らしいフレーズを受け入れない者たちにたいして、えもいえぬ怒りといらだりがこみ上げてきて、つい激越な憤懣をぶちまけてしまう。「これがわからないやつはばかだ!」愚かな優越感と情け容赦のない冷酷さ、マルクス主義心酔者にもヒトラー信奉者にも共通して見られる感情の高まりである。
 だが、「すべての歴史はこうだ・・ああだ」などと断定するのは、むろんまちがいである。歴史というのは奥深い森のようなもので、林道の一本や二本通したところで森全体を切りひらくことはできないのである。歴史には階級闘争もあれば、人種闘争もある。さらには国家や民族、宗教やイデオロギー、王朝や政党その他のあいだでありとあらゆる闘争が繰り広げられてきた。人間社会に衝突はつきものである。歴史のいたるところで、そんなけんかやもめごとが起こっている。
 だが歴史というものは、闘争だけから成り立っているのではない。マルクス主義もヒトラー主義もここらあたりを勘違いしている、命令口調の断定的なフレーズによく見られるあやまりである。
 民族にしても階級にしても、人間の歴史は戦争をしていた時代よりも、平和に暮らしていた時代の方がずっと長かったのである。だから戦争の原因をいっしょうけんめいにさぐるのもけっこうだが、いかにして平和を打ち立ててきたかを研究するのも、これに負けず劣らず興味深く有益なことなのである。』
セバスチャン・ハフナー著 瀬野 文教訳
ヒトラーとは何か
ISBN-10: 4794222920
ISBN-13: 978-4794222923

20191207 教養と人文社会科学系について

12月に入りしばらく経ち、ここ徳島でも「寒い」と感じる日が多くなってきました。こうした日はやはり、あまり遠出せずに、屋内で読書などをしている方がしっくりきます。

さて、以前投稿のブログにて書きましたが、現在もまた、いくつかの書籍を読み進めており、その中の一つである岩波書店刊 岡義武著「明治政治史」下巻は、二百頁過ぎ、全体の半分程度まで読み進みました。おそらく、この調子にて読み進めますと、年内には読了に至ることも出来るかもしれません。また、当著作を読んでいますと、これまでに読んだ、同時代を扱った著作をあらためて読んでみたくなってきますが、こうした思いを読み手に生じさせる史書は、やはり優れた著作であると思われます。くわえて、これまで当著作を読み進めていて大変面白かったことは、自身が六年前の二〇一三年に、フェイスブック上にて陸奥宗光著「蹇蹇録」内の記述を抜粋引用したことがありましたが、そのまさに抜粋引用部とほぼ同じ箇所が当著作においても記されていたことです・・。

こうしたことは、やはり偶然の一種であるとは思われますが、それでも自身が当時の国内情勢を知るために適切であると考え、抜粋引用した箇所が、史書においても引用されていたことは、自身が、そうした目利きが出来ていたのではないかと、多少嬉しくなります(笑)。

とはいえ、休日などに書店に行きますと、多くの新刊書籍が並び、それら著作の題名を眺めていますと「教養が身に付く~」「これを読めば大人の教養が身に付く」といったものが比較的多く見受けられますが、おそらく、少なくとも人文社会科学系の教養といったものは、自然科学系の合理性に基づく思考とは、何かしら異なる性質を持っているのではないかと思われるのです・・。

つまり、人文社会科学系の教養といったものは、一般的に、職業上必要不可欠な知識体系とされないことが多いことから、必要に迫られたものでなく、より、その人が持つ素の能動的によって、どこまで取り組んできたかが理解され、それが、何と云いますか、その人が持つ文化、あるいは味のようなものと認識されるのではないでしょうか・・。

それ故「教養を身に付ける」といった言語表現自体に対しても、多少違和感を覚えてしまいます・・。おそらく、教養といったものは意識して身に付けるようなものでなく、あくまでも自然と(知らぬ間に)身に付いていたものが本当ではないでしょうか・・。

そして、こうした「教養」に対する一般的な認識もまた、以前、ブログにて書いた「明治期の意識的なそして急速な西欧化」に連なる、あるいは関連があるのではないかとも思われるのです・・。

おそらく、こうした、いわば演繹的な思考が多く為される社会、あるいは異言しますと、先ず、何らかの大前提が設定され、そこから個々要素の判断を行っていくといった思考の流れが主である社会、そして、そうした社会にある組織全般は、概ね速やかに硬直化していくといった傾向があるように思われます・・。

そして、そうした社会・諸組織の速やかな硬直化を和らげるためにも、個々人の能動性に基づいた自然な姿の教養の意味・価値といったものがあるように思われるのですが、これは、我が国社会全般においては「個々人の自然な能動性にはあまり価値がないとされ」また「実学に分類することが出来ないことから、人文社会科学系学問はあまり価値がない」とされ、軽視され、そして、現在の社会になっているように思われます・・。

また、その意味で夏目漱石による「現代日本の開化」などは今なお、大変興味深い著作であると考えます・・。