2017年11月26日日曜日

20171125 しばらく歯科材料について書いて思ったこと(散文形式)

ここ数日にわたり歯科材料に関することを主題として記事を作成してきましたが、その間の閲覧者数はあまり大きく増減することなく現在に至っています。

その一方、それ以前に書いた民俗学、古代史、考古学などを主題とした記事と比較してみますと、若干その閲覧者数は減っているのではないかとも思われます。

とはいえ、未だ歯科材料について書いた記事の数はそこまで多くありませんので、今後しばらくこれを主題として書き続けた後に改めて考えてみようと思います。

また、記事の書き易さについては歯科材料であれ、民俗学などであれ現在のところはあまり大きく変わらないものの同時に『継続して書き続ける』ということに主眼を置き考えてみると感覚的ではありますが民俗学など文系学問に属することを書いた方が良いのではないかと思われました。

しかしながら、この歯科材料と文系の双方とは、記事作成において本質的に互いに対立し合うものではなく、作成者からすると単純に共に運用可能なものということになります。

あるいは記事によっては双方互いに連動させようとは試みているものの、これまでのそうした試みとは自身が納得出来る程度にまでは至っていません・・(苦笑)。

これは特に自身の達成目標が高いということでもなく、おそらく自身の知識あるいは文章能力の不足に因ると思われますので、今後も双方知識を合金化させたような文章を書くことが出来ることを目標として今しばらく記事作成を継続します。

また、そのように考えてみますと、たとえ現時点においては、さきに述べた通り、少なからず不足していると自覚される知識、文章能力ではあっても、それは同時にブログ記事作成をはじめた当初に比べますと、色々と書き、そして表現することは出来るようにはなってきているとも思われますので、少なくとも現時点においては『間違いではなかった』のではないかとも思われます・・。

本日はまた、散文的な文章にて書きましたが、明日よりしばらく再度歯科材料(貴金属合金)について書いていこうと思います。

ここまで読んで頂き、どうもありがとうございました。

昨年から現在までに日本列島にて発生した一連の地震・大雨・水害等の大規模自然災害により被害を被った諸地域のインフラの復旧・回復および復興を祈念しています。

再び噴火をはじめた新燃岳周辺の方々の御無事をも祈念しています。



再び噴火をはじめた新燃岳周辺の方々の御無事も祈念しています。