2018年6月29日金曜日

20180628 記事作成への抵抗感が減ることにより心配されること・・推敲の重要性?

ある程度の期間ブログ記事の作成を継続していますと、何かしらの題材を記事として書き始めることに対しての抵抗感が減ってくるといった感覚を覚えます。

これを言い換えますと『記事題材の着想を得たならば、そこから気分的な断層をあまり経ることなく、流れるように記事作成に移行できるようになった。』という感じです。

そのようになってきますと、はじめの『着想を得ること』が重要になってくると云えますが、これは移動中の電車内などにて、不図思い付いた考え(着想のタネ?)をメモ帳に後で判読出来る程度に走り書きしておいたり、あるいは同じく移動中に読んでいる書籍の面白い記述に朱引きしておき、それらを後になり読み返し『この着想のタネにて記事は書けるか?』『朱引きした書籍の記述は如何なるカタチでブログ記事に用いることが出来るか?』といったことを習慣化して考えることにより、ある程度の期間のブログ記事作成は為し得るのではないかと思われます。

しかし、そうして着想から記事作成までの過程を流れるように出来るようになりますと『この記事内容にて公表して大丈夫だろうか?』をあまり考慮することなく、とりあえず記事が出来てしまうといった側面もあるのです・・。

これは近年時折見聞きするSNSの投稿により、社会あるいは国際規模にて物議を醸すといった現象があることから、ブログを運営している自身にとって他人事、対岸の火事とは云えず、それ故、あまりそうしたことを考慮せず、まさに流れるがままに記事を作成・投稿することは、それが出来るとしても避けた方が良いのではないかと思われるのです・・。

さて、それに関連することであるか分かりませんが、つい先日、当ブログにて紹介させて頂いた大学(複数)の資料が仕事場の方に届きました・・。お送り頂いた大学さまは如何なる意図にてお送り頂けたものかは分かりませんが、何れにせよ当ブログを用いて応援出来ることは、およばずながらではありましょうが、応援させて頂きたく思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

そして、そこから少しハナシが具体的になりますが、現在国内主要都市圏を中心として、いくつかの専門職大学の設立準備が為されていますが、それらの中で歯科衛生士の養成を行う学科が含まれているのが2大学、1短期大学であり、これは今後もう少し増加しても良いのではないかと思われますが、さて如何でしょうか?

今回もここまで読んで頂きどうもありがとうございます。

~書籍のご案内~
増刷決定!
ISBN978-4-263-46420-5
医歯薬出版株式会社


~勉強会の御案内~
前掲書籍の著者である師匠による歯科材料全般もしくは特定の歯科材料にしぼった勉強会・講演会のご要望がございましたらよろこんで承ります。師匠はこれまで長年にわたり大学歯学部・歯科衛生・歯科技工専門学校にて教鞭を執られた経験から、さまざまなご要望に対応させて頂くことが可能です。

勉強会・特別講義 問合せ 連絡先メールアドレス~
conrad19762013@gmail.com 
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



数年前から過日大阪府北部を震源として発生した大地震に至るまでの列島各地において発生した大規模自然災害により被災された地域の諸インフラの回復および、その後の速やかな復興を祈念しています。