2016年2月17日水曜日

北杜夫著「どくとるマンボウ航海記」新潮社刊pp.137-138より抜粋 およびスタンリー・キューブリック監督「突撃」(1957) 終幕場面 20160218 


Directed by Stanley-Kubrick
ending scene


北杜夫著「どくとるマンボウ航海記」新潮社刊pp.137-138

「翌日は出港の予定であったが、三十年来の濃霧のため河口に四十隻の船がつまってしまい、出港できぬという。結局この霧のため二日半出港がのびた。


出港がのびると酒や煙草はシールされているので不足してくるし、むろんのことベルギーの金は使いきっている。私はまだ少々ドルやマルクを持っているが、今後どういう事態が起こるかわからぬので無駄には使えない。いつ出港になるかわからぬため上陸許可が出るのは午後も遅くか夜になってからである。


私はそれでも街へ出て行って、中央駅あたりの店で二、三枚の絵はがきを買い、一ドル紙幣をくずした残りで幾刻かを過ごした。


ある午後は映画を見た。西部劇の看板のでている館にはいって行ったら、なんだか様子がおかしい。古風なフランス軍の軍服なんかきたカーク・ダグラスがしきりと呼子を吹きながら突撃している。
西部劇は次週のもので。これは第一次大戦の仏軍の物語なのである。
英語をしゃべっているのだがとてもわからず、フランス語とオランダ語らしい字幕があるがこれは目に一丁字もない。
功をあせった上官がカーク・ダグラスの将校に無理な攻撃を命じて失敗してしまうのだが、最後に三人ばかりの兵士が死刑になってしまうところがよくわからない。また捕虜みたいなドイツ娘が兵隊の前で歌など唄うがこれまた関連がわからない。どうも未だにわからない。」




  • ISBN-10: 4101131031
  • ISBN-13: 978-4101131030

  •  北杜夫

     

    0 件のコメント:

    コメントを投稿