2018年10月3日水曜日

20181002 本日の岡山への行き帰りから思ったこと・・

本日は朝より徳島を発ち、高松を経由して岡山まで行きました。岡山駅にて下車し、その市街地にまで行ったことは、これが初めてであると思われます。以前に一度、山陰方面に向かう際、岡山駅近くのビジネスホテルに宿泊したことがありましたが、あの時は、ほぼ深夜から朝方にかけての滞在であり、市街地にまで出向く機会はありませんでした・・。

とはいえ、今回の滞在も長いものではなく、夕刻前には既に岡山を発っていました。また、朝の徳島より岡山までの電車内においては、ほぼ寝入っていたことから、外の景色を意識して見ることはありませんでしたが、帰りの社内では、車窓から見える瀬戸内の美しい景色、そして治承・寿永の乱(源平合戦)の屋島の戦いにて有名な屋島を見ることが出来ました。

徳島県の北部に位置する香川県は、その景観も徳島とは異なり、何と云いますか、より瀬戸内色が強く、険しい山も特に見受けられず、自然も全般的に穏やかであるように感じられました。徳島県は、紀伊水道を挟んで向かいに和歌山県がありますが、その隔てる距離は、香川県と瀬戸内海を挟んだ岡山県よりもはるかに長く、外海的な様相が強いと云え、また、淡路島(阿波路島)を介して接する徳島県と兵庫県あたりの地域の様相・景観もまた、さきと同様、異なるように感じられます。

あるいは、表現を変えてみますと、徳島県は県北東部にある淡路島の存在により、瀬戸内海世界より隔離され、他方でその淡路島を介して比較的容易に行き来することの出来る兵庫そして、そこから東に続く近畿・関西圏に対して、より文化全般における連続性・親和性を見出すことが出来るようになったのではないでしょうか?

とはいえ、徳島県は近畿・関西圏とは陸続きではないことから、古からの文化の流入などは陸続きと比較すれば限られたものであり、あるいは瀬戸内文化圏が相対的に強かった時代・時期では、そちらからの文化が香川県方面より多く・盛んに徳島に流入し、そして近畿・関西文化圏が強かった時代・時期においては、その文化がより多く流入してきたのではないかと考えます。

そして、こうしたことは、弥生時代の祭器、銅鐸の出土状況、あるいは古墳時代における古墳造営様式などにおいて、香川県地域およびそこに連なる岡山県地域からの連続性が強いか、あるいは淡路島そして、そこに連なる兵庫県地域からのそれが強いかを考察することにより、より精確に理解することが出来るのではないかと思われます。

また、おそらくこうした研究は既に為されていると思われますが、それでも、予め、こうした図式・枠組みのようなものを想定しておくことは、少なくとも全く無益ではないと思われますが、さて如何でしょうか?

今回もここまで読んで頂き、どうもありがとうございます。


~書籍のご案内~
増刷決定!
ISBN978-4-263-46420-5

医歯薬出版株式会社


~勉強会の御案内~
前掲著作 著者である師匠による歯科材料全般もしくは特定の歯科材料を対象とした勉強会・講演会の開催を検討されておりましたら、よろこんでご相談承ります。師匠はこれまで長年にわたり大学歯学部・歯科衛生・歯科技工専門学校にて教鞭を執られた経験から、さまざまなご要望に対応させて頂くことが可能です。

勉強会・特別講義 問合せ 連絡先メールアドレス
conrad19762013@gmail.com 

どうぞよろしくお願いいたします。

数年前から現在に至るまで、日本列島各地にて発生した、さまざまな大規模自然災害により被害を蒙った地域の速やかな復旧、およびその後の復興を祈念しています。



よろしければ、顔見知りの大学関係者の方々に一般社団法人大学支援機構さまのことを是非、お知らせください。
どうぞよろしくお願いいたします!