2018年10月1日月曜日

20181001 精神の分断化により分かること・・「教養」について

不思議なことであるのか、久しぶりに人文社会科学系分野の、ある程度深いハナシを聞きますと、その後しばらく世の中で話されているコトバが少しボヤけて聞こえてきます。

これを異言しますと、話されている内容は音声としては理解出来るのですが、そこから、より意味を持つ言語として抽象化される段階がしばらくの間、麻痺するのか、おかしくなるいった感じになるのです・・。

この感覚は、これまでにしばしば感じてきたことですので、実際に何らかの内面における変化・作用があると思われますが、同時に、それをこのように言語化して表出したことは、これまでありませんでした。

また、そこまで書いており、不図思い出したことは、先日の和歌山における勉強会にて議論・対話をしている際、実に自然に、ある程度学術的であり、且つ、ここ最近その知見に触れていなかった分野の知見・意見が自身の口から【流れ出るように】話されたことです・・。

こうしたことは、その場ではあまり意識出来ないのですが、後になり『そういえば、あの時の私はよく、あんなことを憶えていたな・・。』といった感じで思い出されるのです。

あるいは、もう少し若い頃に関しては、そうしたこと意識化・対象化する必要のない、意識が分断されていない生一本のままの自分であったのだと云えます・・(苦笑)。

こうした自身の意識に対する意識化・対象化といった、ある意味、精神の分断のようなことが生じたのは、おそらく、ここ数年のことであると思われます・・。また、こうした内面の変化は、この程度の年齢になりますと自然に生じることであるのかもしれません。そして、そうした中で、ここ最近、触れていなかった分野での知見・意見が自身の口から自然に話されたことは、さきに述べた生一本であった以前の頃に比べれば、いくらか驚くべきことであったのかもしれません・・。

そして、おそらく我々が用いている「教養」というコトバの本来の意味は、こうした精神の変容の前後を貫くものであるように思われるのです・・。他方、ここ最近は教養というコトバもインフレによってか、随分変容してしまったようにも思われるのですが、さて、如何でしょうか?
~書籍のご案内~
増刷決定!
ISBN978-4-263-46420-5

医歯薬出版株式会社


~勉強会の御案内~
前掲著作の著者である師匠による歯科材料全般もしくは特定の歯科材料を対象とした勉強会・講演会の開催を検討されておりましたら、よろこんでご相談承ります。師匠はこれまで長年にわたり大学歯学部・歯科衛生・歯科技工専門学校にて教鞭を執られた経験から、さまざまなご要望に対応させて頂くことが可能です。

勉強会・特別講義 問合せ 連絡先メールアドレス
conrad19762013@gmail.com 

どうぞよろしくお願いいたします。

数年前より現在に至るまで、日本列島各地にて発生した、さまざまな大規模自然災害により被害を蒙った地域の速やかな復旧、およびその後の復興を祈念しています。

今回もここまで読んで頂き、どうもありがとうございます!
また、よろしければ、顔見知りの大学関係者の方々に一般社団法人大学支援機構さまのことを是非、お知らせください。どうぞよろしくお願いいたします!