2018年5月24日木曜日

20180523 1000記事までの道程および『プロヌンシアミエント』について

中にはいくつか短い記事もありますが、これまでに投稿した記事の文字数は大体1000~2000字程度となっています。そうしますと、総投稿記事分を文字数にしてみますと、およそ100万字~200万字程度となります。しかし、そこまで(数百万~)いきますと、実感は持ちにくいことから、やはり単純にこうしたブログ記事を考える場合、記事数および継続期間などの指標が妥当であると思われます。

ともあれ、そうこうするうちに今回の記事投稿にて、残り3記事の投稿により1000記事に到達します。つまり目標が本格的に視野に入ってきたといったところですが、それでも以前からではありますが、全くといって良いほど、それに対しての感慨などの情動らしきものが湧いてこないのです・・(笑)。

そこから、何かしら目標としていることが現実に達成可能であると感じられるようになると、そうした情動は生じにくくなるのではないかと思われました・・。また、おそらく、我々の心には、そうした普遍的とも云える性質・傾向があるのかもしれません。

とはいえ、未だ数記事の作成・投稿がありますので、現時点でそうした考察は時期尚早であるのかもしれませんが・・(苦笑)。そして今後、記事作成を数日続け、順調に行けば今週末に1000記事に到達する予定となりますが、おそらくその時の自身を想像してみても、現在記事作成を行っている自身と違いはないようにしか想像できなく、さらにまた、そうした変化の兆しも皆無ですので、むしろ、この現状から1000記事に到達した際に何らかの内的な有意とも云える変化が生じましたら、それはそれで大きな違い、もしくはブログ1000記事を書き続ける意味があったとも云えて面白く、さらに新たな記事の題材ともなり得るのです・・。しかし、そうした変化は生じないと思われますが(笑)。

また、変化と云えば、先日から読み進めているスペイン内戦の概説書は、相変わらずあまり意味が分からないままですが、当初と比べますと何と云いますか、その文脈的な流れについては理解出来てきたようにも思われます。これが最近感じ得た変化であり、その中でも具体的に面白く思われたのは当著作に頻出する『プロヌンシアミエント』というなかなか発音が厄介そうなコトバであり、これは『クーデター』と類似した意味合いであり、スペインでは19世紀後半から現在までに50回以上この『プロヌンシアミエント』が起きているとのことで、ここから一つの民族性とも云える何らかの特徴が示されるのではないかと考えます。

また他方で、欧州スペインの前身ともいえるローマ帝国においては共和制末期の紀元前49年にカエサルが禁止されていたにも関わらず配下のガリア戦役以来の軍団兵を率いルビコン川を渡河しローマへ進軍したこと、あるいは3世紀に入り帝政となっていたローマ帝国領内各地にて軍事力を背景とした統治者が乱立した軍人皇帝時代などのことを考えてみますと、さきの『プロヌンシアミエント』も、その淵源は深く、広く捉えてみますと南欧人・ラテン民族の『trait』とも評し得るのではないかとも思われました。そしてさらにその文化の大西洋を挟んだ延長線上にあるとも云えるラテンアメリカ諸国においても同様の傾向を見出せることから、やはり何らかの民族的な特徴といったものがあるのではないかと考えさせられます。

ちなみにあとになり、考えてみますと、このスペイン語である『プロヌンシアミエント』は、その音から察して英語にしてみますと『pronouncement』であり宣言・宣告・表明といった意味であり、そこからさらに我が国の近現代史的な文脈に基づいて訳しますと『蹶起趣意書』といった感じになるのではないかと思われましたが、さて如何でしょう・・?

ともあれ、おそらくこうした視点による観察・考察は海外の方々が我が国や近隣の東アジア諸国に対しても行っていることであり、また、おそらくあまりそうした観察・考察による考えを我々に対して述べることは少ないように思われますので、そうしたことから、実用的でないとして人文社会科学系学問全般をワケの分からないものとして毛嫌いすることは避けた方が良いのではないかと思われるのです。また、このことは特に自然科学系分野にて優秀な方々こそ特にそうあって欲しいと願うところです・・。

今回もここまで読んで頂き、どうもありがとうございます。

数年前より現在までに日本列島にて生じた、あるいは現在も続く大規模自然災害によって被害を被った、被っている諸地域のインフラの回復、その後の復興を祈念します。


~書籍のご案内~
昨年暮に師匠による著作が医歯薬出版より刊行されましたのでご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
著書名:『CAD/CAMマテリアル完全ガイドブック』
ISBN978-4-263-46420-5