2018年5月9日水曜日

20180508 価値観の流れ、外見から肩書への変化?

本日つい先ほど、これまでの総閲覧者数が35万人に到達しました。そうしますと、概ね1ヶ月に10000人の方々に読んで頂いたことになり、さらにこれを1日にしてみますと、およそ300人の方々に読んで頂いたことになります。

また、最近の一日の閲覧者数は300~700人程度であり、これを均しますと凡そ1日500人ほどになります。しかしブログ開設当初(2015年6月)からの数か月は、まさに鳴かず飛ばずの状態であり、さらに、さまざまな嬉しくない出来事が重なり、落ち込んで、鬱屈しており正直なところ、この時期のことはあまり思い出したくありません・・(苦笑)。

他方、この辛い時期をどうにかやり過ごすことが出来たのは、このブログのお陰であるとも云え、ここで書籍からの抜粋引用や対話形式にて記事を作成し続けたことが、まさしく現在にまで繋がっている、否、繋げることが出来ているのです・・。

また、未だ目標としている1000記事には到達してはいませんが、このあたりまで来ましたら、この先の1000記事到達も一つの単なる通過点として、そこまで重きを置く必要がないようにも思われてきます・・。

それよりも少し投稿ペースを落としてでも、来月22日まで継続し、丸三年のブログ記事作成の継続の方を達成してみたく思われてきます。

さて、斯様にどうにか三年近くの記事作成を行ってきましたが、不思議なことに自身のことを『ブロガー』であると認識したことはありません。一般的にブロガーと称される方々は、より多くの方々に読まれている方々のことを指し、自身の場合、その前に『弱小』というコトバが付く程度のモノであり、そこから、どうも自身はこの名称・肩書?が相応しいようには思われないのです・・(苦笑)。

また、そのように書いておりますと、昨今はいくつかの報道などから『肩書』についての議論がよく聞かれるようですが、これは少し見方を変えてみますと、近年のPC・スマホなどの情報技術の進化発展、そして我々がそれらに習熟することにより、ヒトは外見と中身のギャップが大きい(外見が優れていてもそれは内面には必ずしも直結しない:多くの芸能人も総合的に判断すると我々一般人と大差ない)ということが、以前よりも確からしい見解となり、そこから外見の次に信じられるものとして『肩書』にシフトしつつあるのではないかと思われました・・。

とはいえ、こうした傾向自体は少し以前より存在していたと思われますが、ここ最近はどうもその傾向が更に強くなりつつあるのではないかと思われますが、さて如何でしょうか?

また、ハナシは変わり、ここまで失念しておりましたが、昨日投稿分の記事が投稿翌日の時点においては過去最高の閲覧者数となりました・・。この記事を読んで頂いた皆さま、そして、この記事をここまで読んで頂いた皆さま、どうもありがとうございます!

ここ数年から現在に至るまでに日本列島各地にて生じた、現在も継続して生じている、さまざまな大規模自然災害により、被害を被った地域の諸インフラの復旧および復興を祈念します。

~書籍のご案内~
昨年暮に師匠による著作が医歯薬出版より刊行されましたのでご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
著書名:『CAD/CAMマテリアル完全ガイドブック
ISBN978-4-263-46420-5