2017年12月19日火曜日

20171219 河出書房新社刊 ユヴァル・ノア・ハラリ著 『サピエンス全史』上巻pp.226-228より抜粋引用

河出書房新社刊 ユヴァル・ノア・ハラリ著 『サピエンス全史』上巻pp.226-228より抜粋引用
ISBN-10: 430922671X
ISBN-13: 978-4309226712
『貴金属の一定の重さが、やがて硬貨の誕生につながった。
史上初の硬貨は、アナトリア西部のリュディアの王アリュアッテスが紀元前640年ごろ造った。
それらの硬貨は、一定の重さを持つ金や銀で、識別記号が刻印されていた。記号は二つのことを保証していた。
第一に、その硬貨にはどれだけの貴金属が含まれているかを示していた。
第二に、その硬貨を発行し、中身を保証した権威を明らかにしていた。
今日使われている硬貨のほとんどは、リュディアの硬貨の子孫だ。
硬貨は二つの重要な点で、何の印もない金属塊に優る。
まず、金属塊は取引のたびに重さを量らなければならない。第二に、塊の重さを量るだけでは足りない。私が長靴の代金として支払った銀塊が、鉛を薄い銀で覆ったものではなく純銀製であることは、靴職人には知りようがない。
硬貨はこうした問題の解決を助けてくれる。
刻印された記号が厳密な価値を保証しているので、靴職人はレジの上に秤を置いておく必要はない。
さらに重要なのだが、硬貨の記号は、その硬貨の価値を保証する何らかの政治的権威の署名なのだ。

記号の形と大きさは歴史を通してはなはだ異なるが、そのメッセージはつねに同じで、「偉大なる王〇〇である予は、この金属円板がきっかり五グラムの金を含むことをじきじきに保証する。

この硬貨を偽造する者がいたら、その者は予の署名を偽造しているに等しく、それは予の名声に汚点を残すこととなる。

そのような罪を犯す者を、予は厳罰に処すであろう」というものだ。だからこそ、貨幣の偽造は他の詐欺行為よりもはるかに重大な犯罪であるとつねに見なされてきたのだ。

貨幣の偽造はたんなるごまかしではなく、君主の支配権の侵害であり、王の権力と特権と人格に盾突く行為なのだ。

法律用語では「大逆罪」で、通常、罰として拷問され、死刑に処せられた。
人々は、王の権力と誠実さを信じているかぎり、王の貨幣も信頼した。見ず知らずの人どうしも、ローマのデナリウス銀貨の価値については、何の疑問もなく同意できた。それは彼らがローマ皇帝の権力と誠実さを信頼していたからで、皇帝の名前と肖像がこの銀貨を飾っていた。

そして、皇帝の権力は逆に、デナリウス銀貨にかかっていた。硬貨なしでローマ帝国を維持するとしたら、それがどれほど困難だったか創造してほしい。

もし皇帝が大麦と小麦で税を集め、給料を支払わなければならなかったとしたら、どうだろう。

シリアで税として大麦を集め、ローマの中央金庫に運び。
さらにイギリスに持っていって、そこに派遣している軍団に給料として支払うのは、不可能だっただろう。

ローマの町の住民が金貨の価値を信頼していても、従属民たちがその信頼を退け、代わりにタカラガイの貝殻や、象牙の珠、布などの価値を信頼していた場合も、帝国を維持するのは、同じくらい難しかっただろう。』