2017年11月14日火曜日

20171114 講座・医局について思ったこと(昨日投稿と少し関連するかもしれません)

『本日もまた、何かしら古代史、考古学あるいは民俗、地理的な内容にて記事を作成しようと考えていましたが、昨日投稿分の記事が思いのほか多くの方々に読んで頂いていたことから、本日は敢えて趣向を変え独白形式にて記事を書くことにしました。

とはいえ、その内容とは昨日投稿分の記事にも多少関連することであり、また、これまでにも何度か述べてきたことではあるのですが、大学の理系学問領域においては、研究室、講座あるいは医局といった単位にてさまざまな行動をとることが多いと云えます。

これはおそらく文系学部におけるゼミに相当すると思われるが、それらの単位における凝集性とは、感覚的ではあるものの、文系に比して理系、特に医歯学系の方が相当強いのではないかと思われます。

おそらくその根本においては、修業年限が長いことから、より、そうした行為態度が強化、定着される期間が多く与えられるといった事情があるのではないかとも思われます。

またその一方で、文系の場合、卒業後に就く職業とはさまざまであり、むしろ学生時代よりそうした各自の多様性を認め、保持している方が諸事都合が良いのかもしれない。

その面において医歯学などの場合は特に卒業後に就く職業とは、ほぼ限定されることから、学生時代より、そうした(職業に付随する)受け継がれるべき行為態度とは、当初多少無理やりであっても研究室、講座そして医局といった小規模での集団行動を通しておぼえ、定着した方が大局的に見れば良いのかもしれない・・(おそらくそれは個人の教育観にも影響を与えるであろう)。

とはいえ、文系もまた大学院まで行くと、それはそれで少なからず変わっているのであろうが、その全体数が理系学問分野と異なり(理系の方が多い、特に工学、理学、さらに博士課程となると医歯学が最も多くなる)、同時にそれぞれの背景文化もまた大きく異なると思われることから、こうした集団行動とは、文系の場合においては、あくまでも各個人が自発的、能動的に従うものでないとダメであるように思われるのです(それが文系学問の大事な要素であると思うのですが、一方、そればかりであると今度は世の中が治まらなくなるかもしれない・・)。

そして、この両学問分野間に存在する『違い』というものをある程度広く、そして明瞭に認識することにより、何といいますか、我々の社会にて生じているさまざまな出来事の雛型、原型のようなものを認識することが出来るのではないかとも思われるのですが、さて如何でしょうか?

今回もここまで読んで頂きどうもありがとうございます。

昨年より現在までに列島各地にて発生した一連の地震・大雨・水害等の大規模自然災害により被災された諸インフラの復旧・回復そして復興を祈念しています。

昨今再び噴火をはじめた新燃岳周辺の方々の御無事も祈念しています。』